マイナスイオンたっぷり、暑い時期に最高の避暑となる白糸の滝

福岡県には様々な観光スポットがありますし、美しい自然を謳歌できるエリア等も多数存在しています。
そんな福岡県で天然の涼を楽しめる場所が、福岡県指定の名勝とされる白糸の滝です。

白糸の滝は、標高900mの羽金山の中腹にあり、落差24mという滝で岩肌にあたり白く見える水がたくさんの糸を垂らすように流れてきます。
この場所に行くとマイナスイオンがたっぷり感じられ、ご家族連れやカップル、お友達同士のグループなどが楽しまれています。

白糸の滝周辺で釣り、流しそうめんを楽しむ

この近くには食事処があり、ご当地の郷土料理「糸島そうめんちり」を堪能できますし、夏にはこの食事処の笑み物「そうめん流し」を楽しめます。

美しい清流に暮らすヤマメを頂くこともできますし、そば打ち体験等も行うことができるのでお子さんとアウトドアということならピッタリの場所です。
200台の駐車場があるので、お車でお越しになっても安心です。

そうめん流しは季節限定で、5月から9月まで行われています。
ヤマメ釣りは釣り竿のレンタル、餌がついて4匹まで釣る事が出来、もしつれないという場合でも、3匹プレゼントしてくれます。
釣ったヤマメは1匹100円で塩焼きにしてくれるのも嬉しいです。

ただ自然のことなのでヤマメの生育が悪いときもあり、その場合、休止となる事もあるので、ヤマメ釣りを楽しみたいということなら観光協会などで確認されてから行く方がいいかもしれません。

梅雨の季節に楽しむアジサイと秋冬にみる事の出来る紅葉が最高

白糸の滝は山の中腹にあるので、秋から冬にかけて美しすぎる位の紅葉を楽しむことができます。
紅葉を見る事の出来る季節には、やはり山の中腹ということでかなり寒さを感じるので、郷土料理のそうめんチリが人気です。

白糸でとれたおいしいお米を利用したおにぎりなどもいただけるので、紅葉をみながら散策し、滝でマイナスイオンをたっぷり貰い自然を謳歌したら、温かいまきストーブの茶屋で休憩するのも楽しみの一つになると思います。

この白糸の滝周辺には約5000株、10万本というアジサイが植樹されています。
そのため、梅雨の時期、6月から7月にかけてそこかしこにアジサイをみることもできます。

もちろんこの季節は名物そうめん流しが楽しいです。
そうめん流しを経験したことがないというお子さんも多くなっていますので、アジサイと白糸の滝での釣りを楽しんだら、そうめん流しを楽しみましょう。

夏はお子さんと一緒に自然の中で楽しみたいというアウトドア家族が多くなっています。
白糸の滝は気軽にアウトドアを楽しめるスポットとなっているので、ご家族一緒に、またお友達家族と楽しんでもいいでしょう。